うめlog

2022年は劇場鑑賞90本(うち2本は旧作)。
お気に入りには色をつけます。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
実写化されたスパイダーマンは全て見ているファンである。泣いた。字幕と吹替両方鑑賞。

『ハウス・オブ・グッチ』
鳩の世話をするのに鳩柄のお襦袢をガウンにしているのがツボ。

『コンフィデンスマンJP 英雄編』
分かりやすく安定の面白さ。2時間ドラマでよくね?と思いつつ観に行ってしまう。

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イブニング・サン別冊』
ウェス・アンダーソンらしい色彩やカメラワークで雑誌そのものを映画にするという面白さ。でも眠い。

『ただ悪より救いたまえ』
コントレベルのイカれたイ・ジョンジェ、善き。

『ドライブ・マイ・カー』
3時間の長尺を感じない面白さだった。村上春樹は苦手だけれど。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
監督も父から息子へ、ゴーストバスターズも新世代へ。胸アツ。

『アンチャーテッド』
トム・ホランドの成長ぶりを感慨深く観る。

『ウェスト・サイド・ストーリー』
舞台とほとんど同じ。わかりやすい。

『355』
ジェシカ・チャステインの華麗なアクションと可愛らしいペネロペ・クルス。

『ドリームプラン』
テニス版ストレイト・アウタ・コンプトン。

『さがす』
若手俳優陣がいい。

『THE BATMANーザ・バットマンー』
大変暗い。ポール・ダノがよい。

『SING/シング:ネクストステージ』
またまたゴリラの坊や胸アツ。

『アンビュランス』
めちゃくちゃ。笑

『ブラックボックス』
ところどころそんなわけ…てとこもあったけど面白かった。

『ナイトメア・アリー』
雰囲気は良い。

『ベルファスト』
カラーの部分がまさに奇跡を思わせるほど美しく感じる。しかしちょいネムい。

『ボブという名の猫2 幸せのギフト』
相変わらずボブ超かわいい。ずっとゴロゴロ言ってる。

『モービウス』
映像表現に新鮮味あり。

『ファンタステイック・ビーストとダンブルドアの秘密』
麒麟が仔鹿のよう。全体的に「ほら可愛いでしょ」と言ってくる感じで今ひとつ。可愛いけど。

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボデイガード』
前作に引き続き楽しい。

『アネット』
娘さんに捧ぐとあるが、自虐的とはいえとても残念な男の転落劇。相変わらずロックなレオス・カラックス。
このタイミングで同監督の旧作をユーロスペースで鑑賞。
『ボーイミーツガール』
『汚れた血』

『TITANE/チタン』
生きることは痛いこと、という感じ。ジェンダーレスというより種の堺すらない愛と命。ある意味女性らしい映画な気がする。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』
めちゃホラー、めちゃゾンビ…このはらわた感…と思ったらサム・ライミやった。

『死刑に至る病』
阿部サダヲの話し方と黒目の恐ろしさ。私は白石和彌監督と相性がいい。

『とんび』
特に面白くもグッとくることもなく。

『流浪の月』
人の見えている部分なんてほんの一部だし、見え方なんて人それぞれ…。

『シン・ウルトラマン』
冒頭から20~30分が私的クライマックス。

『ハケンアニメ!』
劇中アニメも含めて良かった。

『トップガン マーヴェリック』
胸アツ、泣く、笑う。相変わらず音が良い。凄く音が良い!

『犬王』
素晴らしい。ロックオペラ。
ラストシーンの美しさ。語るもの語られるもの、残るもの残らぬものに思いをはせる。

『極主婦道ザ・シネマ』
笑った笑った。

『東京2020オリンピック SIDE:A』
オリンピック称賛映画では映画ではなく意義や在り方を問うものだった。

『東京2020オリンピック SIDE:B』
淡々とそれぞれの舞台・思い・事情・現場を映してゆく。序盤の萬斎と終盤の海老蔵の言葉はほぼ同義。長い歴史の中の一点に過ぎない我々とこの時代、そしてこのオリンピック。

『PLAN75』
観る者の現状や考え方によっては滅入る1本だろう。経済力のない者は望んでなくとも選ばざるを得ない、というのは日本的だしそこに言及すること自体日本的というか…。

『妖怪シェアハウス 白馬の王子様じゃないん怪』
ドラマから楽しく観ているので。

『ベイビー・ブローカー』
いろんな意味で裏切らない1本。俳優陣の力が大きい。

『メタモルフォーゼの縁側』
とても良い。ハケンアニメ!とセットで残したい。どちらも原作モノだったな。

『ハッチング~孵化~』
抑圧された内面と母親が自分と娘を同一化することを表すかのようなモンスター。母親が超ド級モンスターだし父親もヤバいし何もなかったかのように入れ替わってしまうのもこわい。めちゃこわい(面白い、好き)

『ザ・ロストシテイ』
ブラピの無駄遣い含めて楽しい。

『モガディシュ 脱出までの14日間』
リュ・スンワン監督、5年に1本ペースくらいで観てるけど、毎度クオリティが高い。

『エルヴィス』
オーステイン・バトラー素晴らしい。

『X エックス』
性への執着を残して老いた夫婦に哀しみを感じた。作り手の“老いてしまう”ことへの恐怖だろうか。テンポもエロも今ひとつ。

『こちらあみ子』
原作を読んだのは11年前。原作の世界観は十分映像化されていたけど、今ならではの視点やこの界隈の認識や環境の変化が描かれるでもなく、残念。

『ザ・ウィローズ』
コロナ以前の、これぞミュージカル。こんな観劇はもう戻ってこないのだろうか。

『ソー:ラブ&サンダー』
クリスチャン・ベイルは何をやっても素晴らしいな。

『シング・ア・ソング!』
かつて似たようなコミュニティに居た頃を思い出した。

『バズ・ライトイヤー』
バズよりネコ型ロボットにハマりそう。

『リコリス・ピザ』
ホフマン息子にホフマン父の面影を見てグッとくるなど。本編に関係なく。

『キャメラを止めるな!』
ほとんど元作品のままなのに眠い。音響と日本酒は面白い。

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
ブルー可愛い。親子そろって可愛い。

『神は見返りを求める』
吉田監督作品としては物足りない。

『キングダム2 遥かなる大地へ』
兵馬俑展を観た後で、より楽しめたのだけれど、欲を言うともっと土や血のにおいのする映像が欲しい。

『サバカン SABAKAN』
夏休み時期に観られて良かった。草彅君は最早名優。

『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』
やっぱり白石監督めちゃ面白い。面白いけどカメラ酔いするからツラい。

『NOPE/ノープ』
ジョーダン・ピール監督のこれまでで一番好き。ちょっと白石晃士監督みある。

『異動辞令は音楽隊!』
薄味。

『アキラとあきら』
そろそろ竹内涼真くんにはクソ悪い奴をやってもらいたい。

『ブレット・トレイン』
伊坂幸太郎作品の小気味よさと俺得な布陣で楽しめたが、日本は随分馬鹿にされてる。

『プアン/友だちと呼ばせて』
ドロドロをお洒落に見せてくる…。

『ヘルドッグス』
雰囲気とアクションは悪くないのに今ひとつ。

『沈黙のパレード』
重要事項のいかにもな映し方にげんなり。

『アイ・アムまきもと』
おみおくりの作法 のリメイク。イイ感じに日本版になってた。

『マイ・ブロークン・マリコ』
奈緒さんがとても良い。

『地下室のヘンな穴』
尺も短く、サクッとドロッと面白い。

『HiGH&LOW THE WORST X』
こんなに単純で喧嘩(アクション)シーンばかりなのに飽きないから凄い。学校攻め込みシーンは戦国時代の城壁石垣での攻防のよう。

『RRR』
長尺を全く感じない。テンション爆アガり。

『PIG ピッグ』
ニコラス・ケイジなのにニコケイみ極薄。地味だけど良かった。

『アムステルダム』
デ・ニーロは流石。

『線は、僕を描く』
奇麗ではあるが内面的なものが今ひとつ迫ってこなかった。

『スーパー30』
実話ベースなので感動も問題点も見えるが、映画としてはたったひとつの単語でアツく踊ってしまうシーン素晴らしい。

『ドント・ウォーリー・ダーリン』
ステップフォード・ワイフかなとも思う。キモさと哀しさのバランス、オリビア・ワイルド天才。

『ある男』
柄本明、太賀の存在感。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』
チャドウィック・ボーズマンに捧ぐに徹した1本。涙した。

『すずめの戸締り』
震災と向き合い鎮魂、そして再生。かつエンタメ。
しかし、相変わらず監督のキモさは顕在。

『ザ・メニュー』
場内がシーンとする中、時折耐えられず声を漏らして笑ってしまったコメデイ枠。我慢できず帰りにチーズバーガーを食べた。

『アフター・ヤン』
愛に満ちたAIのまなざしで世界の時の流れをとらえる。

『母性』
やや深みにかけるのといかにもなセリフにうんざりなのだが、湊かなえの原作なので…。

『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』
彼の人生をたどる、なかなかに辛いものだった。彼にも世界が美しく見えていたと信じたい。

『グリーン・ナイト』
アートなダークファンタジーで楽しめた。

『MEN 同じ顔の男たち』
アレックス・ガーランド監督とも相性がいい。面白かった。

『LAMB/ラム』
想像を超えるものはなかったけれど、なかなか楽しめた。

『ザリガニの鳴くところ』
もっと原作に書かれていた湿地の自然や彼女そのものを見せて欲しかったが、わりとラブ多め。けれど総合的にとても良かった。

『マッドゴッド』
メイキングが見たいやつ。

『ケイコ目を澄ませて』
リズミカルなトレーニングの音、においや湿度、日常を切り取ったような、特別なようで特別じゃない空気。凄く好き。

『ラーゲリより愛を込めて』
今見るべき1本かなとか、ロシアはソ連のままだな…とか。

2022年12月の和装コーディネートまとめ。
Collage_2023-01-02_10_36_54
←1週目
グッと寒くなって防寒小物も使用
およそ1週間の東京滞在中のコーディネート。
歌舞伎座へ出かけたり銘仙展に出掛けたりと、その日のメインに合わせてコーデを組んだり、ほんのりクリスマスカラーだったりしてる。(詳細はこちらの記事内)


Collage_2023-01-02_10_39_09
2週目→
牛首紬、結城紬、小紋やウール。
名古屋帯は銀座結び、半幅帯はもっぱら回さない結ばない帯結び。
ミックススタイルの時にハイネックよりも首回りが快適な襟巻きジバンという洋和装アイテムを試し購入したのだけど、これがとてもいいので今後はこれが増えそう。

Collage_2023-01-02_10_42_21
←3週目
ウールを着る日が増えた。
冷たい雨の日はブーツを合わせたり、100%在宅の日は普通のもこもこ靴下に割烹着

カシミヤ×アンゴラのロングニットカーディガンが大活躍してる。

Collage_2023-01-02_10_45_41
最終週→
年末らしく結城紬やウール、冬っぽい更紗柄や色々流しちゃえな流水柄
31日は深夜に着替えて雪持ち梅大島紬に赤を合わせて2年参り。

2022年も3回目4回目のコロナワクチン接種後の副反応や風邪で寝込んだ6日間以外は元気に着物で暮らせた

【7月】日帰りでひとりチョロチョロすることが多かった。
Collage_2022-07-29_23_41_37
大宰府の焼き立ての梅が枝餅が食べたくてピューっと行った。
焼き立て最高。

丁度琉球展をやっていたので見て来たり、博多のキモノモダンさんに寄って、気になってた久留米絣をお願いして来たり。〆に駅近くで博多ラーメンをキメて帰った。

Collage_2022-07-31_22_23_07
時折ご一緒するお嬢さんと演能会『藤戸』
お嬢さんは絞りの浴衣を襟付きで着て来られた。
私は暑かったので月の満ち欠けと星々の浴衣に黒レースの羽織。
地方の芸文館だし…と、カジュアルに出掛けたら、和装の面々はわりときちっと夏着物にお太鼓が多かった。洋装の方々はどカジュアルなのに、不思議。


【8・9・10月】
Collage_2022-09-25_21_53_44
日帰りで様々な美術展や小旅行に出掛けたり、一泊で京都入りしてお寺でのショーケースを堪能したり。

近所の美術館でピングー展や絵本作家の展示もあった。
岡山の夢二美術館ではマツオヒロミとのコラボ展、吉兆庵で宮川香山展。(これがもととなって12月には横浜の眞葛ミュージアムを訪れる)

Collage_2023-01-05_12_15_55
大阪で風を食べて生きる生物のテオ・ヤンセン展、そのエネルギーの渦に巻き込まれる小松美羽展
アンディーウォーホル展とルートヴィッヒ展をセットで観たり根付け館で手のひら芸術も堪能。
建物にも興味があった佐川美術館では水木しげるの百鬼夜行展に百鬼夜行柄の足袋を履いて行った。
貞子×播州皿屋敷なホラー歌舞伎はぶっ飛んでいて面白かった。
Collage_2022-10-17_19_05_18
瀬戸内の大崎下島にある御手洗地区
ここはお歯黒伝説のある若胡子屋跡があり、見学を楽しみに出掛けたけれど、改修中だった。
でも、他にも古い町並みはもちろん、乙女座や天満神社の可能門など興味深い場所はたくさん。

近くのJAで大長みかんも購入。


Collage_2022-11-03_23_34_12
【11月】
姫路の書寫山円教寺へ行ってみた。御座候のカフェがおすすめだと聞いていて、それがめあて。
いつも通り着物に草履で出掛けたけれど、私好みの奥の方は木の根もごつごつと出た急斜面で、満喫はしたけれど運動靴の方がbetter。
色づき始めた木々もあり、映画撮影もしていたり。

Collage_2022-11-03_23_31_11
おめあてのロープウェイ乗り口の御座候手仕事カフェで煎茶とロールケーキをいただいて山に上がり、現地で声をかけてくださった80代の紳士と山を下りた後そのままお茶することになり再訪。別の煎茶とタルトをご馳走になるなど。
紳士を駅まで見送り、御座候工場ショップで焼き立ての御座候と小豆ソフトをキメました。
・・・どんだけあんこ好きなんじゃい、という感じ。


【12月】

Collage_2022-12-09_01_26_05まずは1週間ほどの東京滞在
お友だちとご飯を食べたり、いつもの着物屋さんで買い物などもしたけれど、今回は甥のラグビーの試合を現地で応援とか、都内や横浜の子どもたちとも約束多め。

大宮での銘仙展には唯一の手持ち銘仙アイテムである椿の銘仙羽織を着て行った。会場でも駅などでもお声掛け頂いて、写真を撮られたりと、銘仙人気を肌で感じた。

Collage_2023-01-05_11_48_17
子どもたちと待ち合わせて焼肉で早めの忘年会?をした日はニオイがついても水洗いできる緑地にやや大柄な更紗柄ポリエステル小紋。羽織を脱いだら「まぶしい!派手!!」などと言われ、「え?そんなに??」と苦笑。

ラグビー観戦はチームカラーの赤黒で。待ち合わせ場所での目印にもなって良き。

Collage_2023-01-05_11_52_58
歌舞伎座へは13代目市川團十郎白猿襲名披露と8代目市川新之助初舞台ということで成田屋にちなんだ牡丹や団十郎茶を使ったコーデで。

その他の美術展も色々満喫。
大阪で見逃した岡本太郎展は青山の記念館とセットで堪能。自画像やパートナーのスケッチなど、ある意味彼っぽくないものも観られて満足。
Collage_2022-12-09_01_29_31
太郎展は彼の作品の邪魔にならないよう、しかし作品にちなんでモザイクぽい市松小紋と絞りの帯、帯飾りに太陽の塔の缶バッジ

最後の日はちょっとクリスマスカラーを意識していた。

ナンバーシュガーのキャラメルも買って帰れたので満足。


IMG20221210122648
ずっと気になっていた滋賀の近江上布産業会館へやっと。
上布や縮みの生地はもちろん、織機なども見られるし時間に余裕があれば体験も出来る。
今回は日帰りだったし、第一の目的である夏もの用の布を見るので手一杯。(年明けに仕上がるので来夏には着られそう)

Collage_2022-12-19_23_13_38
年末前に機会を得た数年ぶりの淡路人形座へは鳴門の渦潮に見立てた渦巻きの叩き染め小紋で。

バックステージツアーの内容が少し変わっていて、お人形たちと写真を撮るのにベンチまで準備されていた。
えべっさんにナデナデしていただいて、ご利益ご利益。



11月はキンキーブーツも
観劇したな。他にも漏れてそう…。
たくさん楽しみました。


このページのトップヘ