うめlog

1月の着物コーデ振り返り。同じ長着ごとに。
IMG_2018-01-01_00-58-14
←大晦日
自宅で年越し、二年参り

風車柄のウールに北斎の雀半襟。
丸帯からリメイクの半幅帯をパタパタ。
赤の帯揚げ、3色帯締め。湛慶の犬のブローチ。
紫の羽織にピンク系の羽織紐。
赤いレザーバッグと龍村鼻緒の草履。
IMG_2018-01-01_23-17-02
元旦→
モノトーン縞に牡丹の半襟。折鶴や松の名古屋帯をお太鼓。ターコイズの帯揚げ、ブルー系の帯締め。
椿柄の銘仙羽織&黒茶の羽織紐。
江戸小紋鼻緒の草履、モノトーンがま口バッグ。
夫はハイネックインナーをあわせて。羽織紐は夫婦お揃い。
私側の親族の新年会に出席。
IMG_2018-01-06_12-42-55
←上旬
長着と半襟はそのまま。
3way袋帯を鳳凰の柄で二重太鼓。
帯揚げと帯締めもグレー系で。
江戸小紋の鼻緒の草履、モノトーンがま口バッグ。
新しい袋帯を練習がてら締めてみた。
IMG_2018-01-08_14-48-49

上旬→
幾何学のモノトーン大島にアイボリーと黒の片身替わり絞り半襟。3way袋帯を唐花柄で二重太鼓。
薄オレンジの帯揚げ、黒にラメの三分紐&螺鈿仕上げの黒丸帯留め。
草木柄の絵皿の羽織&マスタード羽織紐。
江戸小紋鼻緒の草履、マスタードのバッグ。
夫とカジュアルフレンチで晩ご飯。
IMG_2018-01-09_12-45-03
←上旬
グレー地のウールに黄緑の紬半襟。
大島紬の半幅帯を適当に。
厄除けカラーの帯締め。
外出時は赤いポンチョ。
龍村の鼻緒の草履、赤のレザーバッグ。
珍しく黒足袋。
IMG_2018-01-11_11-20-27

中旬→
デニム着物に赤いハイネックをあわせて。
銘仙柄の木綿半幅帯を適当に。
紺に花柄の木綿スカーフを帯揚げに、赤地のモケモケ帯締め。
赤いポンチョ、赤のレザーバッグ。
足元は北欧のサボ
IMG_2018-01-12_11-02-24
←中旬
緑地の縞に黄緑の紬半襟。
レトロな昼夜帯をお太鼓。
オレンジ帯揚げ、黄緑とオレンジの2色帯締め。
茶まだら羽織&黒茶羽織紐。
茶草履、かくれんぼ猫がま口バッグ。
夫とカニ懐石ランチ
IMG_2018-01-23_13-24-42
下旬→
薄オレンジの花の半襟を入れて。
薄い緑地の唐花名古屋帯を枕無しのお太鼓。
モスグリーン帯揚げ、赤茶帯締め。
シャーベットグリーンに童が遊ぶ柄の羽織&うすピンク羽織紐叶結び。
龍村の鼻緒の草履、赤のレザーバッグ。
叔母にいただいた羽織を裄出ししてさっそく着用
IMG_2018-01-13_16-45-10
←中旬
氷割れ赤ウールに黒のハイネックをあわせて。
黒地に横段の木綿名古屋帯を銀座結び。
黒の帯揚げ、赤黒市松三分紐&蝶貝猫帯留め。
フライロンドンのサイドゴアブーツ、赤のGUCCI。
ウールのヘチマ襟コート。
映画仲間と昨年の映画鑑賞振り返り飲み会
IMG_2018-01-16_15-37-33
中旬→
黒地の水玉半襟を入れて。
黒地に亀甲の木綿かがり帯を銀座結び。
黒地の帯揚げ、赤と辛子の2色帯締め。
龍村の鼻緒の草履、モノトーンがま口バッグ。
黒のストール。
近所の映画館で映画鑑賞
IMG_2018-01-26_14-33-23
←下旬
赤黒片身替わり絞り半襟で。
緑系の紬の半幅帯をパタパタ。
赤の帯揚げ、3色帯締め。
椿柄の銘仙羽織&黒紫羽織紐。
黒に赤の縁取りバッグ、龍村鼻緒の草履。
全身で椿の花を表現
IMG_2018-01-14_17-17-12
中旬→
ボタニカルなウールに黒地水玉半襟。
レモン色の博多織八寸をお太鼓。
モスグリーン暈し帯揚げ、モノトーン帯締め。
茶草履、黒のストール、マスタードバッグ。
長着と半襟はドットがリンクしている。
隣県で映画鑑賞&カレー屋さんへ。
IMG_2018-01-18_12-37-04
←中旬
ランダムな縞と花色紙の大島紬に黄緑の紬半襟。
緑地に椿柄の大人兵児帯をリボン返し。
モスグリーン暈し帯揚げ、赤茶帯締め。
黒のストール、昭和な赤草履、赤のレザーバッグ。

昭和な草履は底がぺったんこで足が痛む
IMG_2018-01-19_14-20-23
中旬→
小花柄ウールに黄緑の紬半襟。
ベージュに小花の大人兵児帯をパタパタ。
モスグリーン暈し帯揚げ、黄緑帯締め。
黒のストール、昭和な赤草履、赤のレザーバッグ。

緑地に椿とこのベージュに小花は同じ帯の表と裏
IMG_2018-01-24_13-35-19

←下旬
泥大島に赤黒片身替わり絞り半襟。
朱赤に絞り柄の名古屋帯をお太鼓。
赤い花のスカーフ帯揚げ、黒三分紐&螺鈿仕上げの黒丸帯留め。
黒ストール、茶草履、赤いレザーバッグ。
IMG_2018-01-25_13-43-51
下旬→
長着と半襟はそのまま。
黒地に幾何学の博多織八寸をお太鼓。
黒の帯揚げ、赤黒市松三分紐&螺鈿仕上げの黒丸帯留め。
椿柄の銘仙羽織&黒茶羽織紐。
茶草履、モノトーンがま口バッグ。
IMG_2018-01-28_14-27-38
←下旬
モノトーン小花にアイボリーと黒の片身替わり絞り半襟。
ペルシャ更紗名古屋帯を銀座結び。
紫帯揚げ、濃紫帯締め。紫羽織&黒紫羽織紐。
江戸小紋鼻緒の草履、モノトーンがま口バッグ。
隣県で映画鑑賞&焼肉
IMG_2018-01-31_14-06-12
下旬→
オレンジに花柄のしょうざんウールに薄オレンジの花半襟。
緑地に椿の大人兵児帯をパタパタ。
モスグリーン暈し帯揚げ、黄緑帯締め。
濃紫鳳凰羽織&黒紫羽織紐。
かくれんぼ猫がま口バッグ、寄木細工の下駄。
この寄木細工の舟形下駄は木綿の赤茶鼻緒をすげてもらってある


下旬から季節ものの椿柄を多用している。
防寒はアームウォーマー、ファーの襟巻。

年末は台北にて猫を愛でたり美味しいものを食べたりしたのでした。
IMG_20171225_223353
まずは空港でスマホのSIMカードを購入して差し替え。
チャージして使う交通カードも駅で購入して使用。便利。

行くべき観光地はざっと足を運んだつもり。
衛兵交代式も2か所で見たけど、これは自衛隊の観閲式とかと比較するとふーんて感じでした。(まあ比べるようなものではないけども)
IMG_20171226_101502
お寺が、なんだかいろんなものが継ぎはぎされたごちゃまぜ文化を感じてとても面白かった。
柱の彫刻なんかめちゃくちゃ美しくて、なんならお寺巡りをもっと充実させても良かったくらいだ。
IMG_20171226_115130

食べ物は小籠包、ふわふわの氷、豆腐になる前のなんかドロドロしたやつ・・・などなどまあ何食べてもだいたい美味しい。
もともと台湾はチラッと寄ることは何度かあったので、食べ物が美味しいのはわかってた。
肉飯とか何回も食べたな。
IMG_20171226_121733
胡椒餅、美味しかった。→

臭豆腐の入った鍋はほんとに臭くて全量摂取は無理だった。
酸っぱい白菜の鍋は全然苦手じゃなくてむしろ美味しく食べられたけど、ホルモン鍋の中の臭豆腐は臭いです、ほんとうに臭いです。
IMG_20171226_153856
タピオカミルクティー、美味しいね。
日本のコンビニのやつは本当にまずいから、台湾の人は怒った方がいいよね。
こんなのタピオカじゃねーよ!て喝入れてくれないと。
本当に日本のタピオカミルクティーは本物に対して失礼。
IMG_20171228_083351


故宮博物館にも朝一番に出掛け、白菜と角煮から見て、満喫。
とはいえ、バチカン美術館などと同様、全部見るなんて無理だし疲れるのでそこそこに。
IMG_20171227_090727

猫村や九扮にも行き、ランタンあげもした。

あのランタンは落ちた後どうなるんだろう。
ゴミでしょ?あれ、拾う係とかあるのかな。放置なのかな。
放置なら、もう二度としない。罪悪感はんぱない。


京劇をテーマにした舞台が見られるというところ(Taipei EYE)があったので急遽チケットをとって観劇。
これは正解。初心者にもわかりやすく短時間で魅せてくれるので文化に触れる入り口として持ってこい。
動物園でパンダにも会ったんだけど、台北動物園の動物たちはパンダも蛇もみんなポーズキメたりしてものすごく“仕事”してくれてた。
IMG_20171226_134102

台湾の地震、大変ですね。胸が痛みます。
どうかはやい復旧がなされますように。

新年あけました。今年もマイペースで笑って生きていこうと思います。
まずは昨年12月の着物コーデを同じ長着ごとに振り返り。
IMG_2017-12-01_15-30-08
←上旬
藍っぽい横双大島にターコイズのレース半襟。
白地の博多織八寸をお太鼓。
波頭柄のハギレ帯揚げ、赤地のモケモケ帯締め。
白地に青系の花唐草&鳳凰の羽織+ターコイズの羽織紐。
白系の草履、赤のレザーバッグ、赤紺のストール。
IMG_2017-12-04_14-39-55
→上旬
氷割れの赤いウールに菊唐草のハギレ半襟。
白地の博多織八寸をお太鼓。
赤い縮緬帯揚げ、白にブルーグレーラインの帯締め。
茶屋辻の羽織+ピンクの羽織紐。
龍村の鼻緒の草履、モノトーンのがま口バッグ。
羽織紐をお出かけギリギリでマスタードからピンクに替えた日。
IMG_2017-12-05_13-25-38
←上旬
黒い几帳などの結城紬に菊唐草のハギレ半襟。
ライトグレーの網目紋名古屋帯をお太鼓。
赤い縮緬帯揚げ、赤黒市松三分紐&黒猫帯留め。
草木柄絵皿の羽織+黒紫羽織紐。
茶系の草履、赤いレザーバッグ。
IMG_2017-12-15_11-31-02
→中旬
黄緑色の紬半襟で。
明るい緑地に唐花と鳳凰の昼夜帯をお太鼓。
うすピンク帯揚げ、赤三分紐&螺鈿仕上げの黒丸帯留め。
茶系のまだら羽織+黒茶羽織紐。
茶系の草履、オレンジの顔のセリーヌのラゲージ。
防寒にファーの首巻とアームウォーマー。
隣県へドライブとショッピングに。
IMG_2017-12-06_14-45-47
←上旬
ボタニカルなウールに黒とアイボリーの片身替わり絞り半襟。
着物地の兵児帯を黒い紬面でリボン返し。
帯の一部を裏返して帯揚げ代わりに。
黄土色とオレンジの帯締め。
マスタードのレザーバッグと草履、赤黒いニットポンチョ。
IMG_2017-12-07_14-16-34
→上旬
モノトーンストライプに葡萄柄のハギレ半襟。
黒のキャンパス地に横段の名古屋帯をお太鼓。
紫帯揚げ、濃紫帯締め。
紫の羽織+黒紫羽織紐、江戸小紋の鼻緒の草履。
モノトーンがま口バッグ。
(長着と羽織はポリエステル、帯は木綿)
IMG_2017-12-08_12-43-36
←上旬
デニムに葡萄柄半襟。
横段花唐草の木綿かがり帯をお太鼓。
紫帯揚げ、厄除け帯締め。
ニットのドルマンケープ風カーディガン。
江戸小紋の鼻緒の草履、赤のレザーバッグ。
両親を招いて自宅で鍋パーティー
IMG_2017-12-10_12-02-04
→中旬
モノトーン小花小紋に黒とアイボリーの片身替わり絞り半襟。
黒のキャンパス地に横段の名古屋帯をお太鼓。
グレーの帯揚げ、白地の3色帯締め。
紫の羽織+黒紫羽織紐、江戸小紋の鼻緒の草履。
モノトーンがま口バッグ。(この長着もポリエステル)
IMG_2017-12-11_12-02-55
←中旬
ランダムな縞に花色紙の大島紬に黄緑の紬半襟。
朱赤の絞り柄名古屋帯をお太鼓。
モスグリーン暈し帯揚げ、赤黒市松三分紐&黒猫帯留め。
薄黄緑の羽織+ピンク羽織紐。
龍村の鼻緒の草履、赤のレザーバッグ。
IMG_2017-12-12_12-27-57
→中旬
多色遣いのダマスク柄小紋にオフホワイトの膨れ織スズラン半襟。
格子に蔓花の袋帯を二重太鼓。
オフホワイトの小花地紋帯揚げ、オレンジとモスグリーンの三分紐を2本使い。つまみ細工の蝶ブローチ。
白系草履、セリーヌのラゲージ、黒ストール+黒紫羽織紐、ファーの首巻とアームウォーマー。
劇団四季の『アンデルセン』鑑賞コーデ(童話の背景の田園風景をイメージ)。
IMG_2017-12-14_12-08-41
←中旬
グレー地のウールに黄緑の紬半襟。
赤茶の博多織八寸を銀座結び。
赤茶帯揚げ、濃紫帯締め。
茶のまだら羽織+黒茶羽織紐。
茶系の草履、セリーヌのラゲージ。
ファーの首巻とアームウォーマー。
IMG_2017-12-17_15-03-47
→中旬
緑地に朱のダマスク柄紬に黄緑の紬半襟。
暗赤色の渦巻き袋帯を二重太鼓。
緑の縮緬帯揚げ、銀と黒に金ラメの三分紐を2本使い。
サンタブローチ。
薔薇の刺繍の紬風足袋、白系草履、モノトーンがま口バッグ。黒ストールなど防寒小物。
夫といつものカジュアルフレンチで早めのクリスマス
IMG_2017-12-20_11-15-06
←下旬
赤紫に更紗縞のウール。襦袢の代わりにレース付きのベージュのハイネックシャツをイン。
ブロンズカラーの兵児帯をリボン返し。オフホワイト帯揚げ。白灰と赤黒の市松三分紐を2本使い、片身替わりに&螺鈿仕上げの黒丸帯留め。
龍村の鼻緒の草履、赤紫のグッチバッグ。
ニットのケープ風カーディガン。
IMG_2017-12-22_14-32-10
→下旬
モノトーンの大島紬に黒とアイボリーの絞り半襟。
黒地に幾何学の博多織八寸を銀座結び。ラメ感のある黒灰のDizzy帯揚げ、黒三分紐&雪の結晶ブローチ。
江戸小紋の鼻緒の草履、プラダの型押しバッグ。
黒ストール。
大好きなモノトーンに赤足しのコーデ。


防寒はファーの首巻と肘までのアームウォーマーが定番かつ必須。
まだ羽織+コートのフル装備まではいかない。

このページのトップヘ