うめlog

6月の着物ライフまとめ。同じ着物ごとに。
image
←上旬
ベージュ地に縞の阿波しじらにベージュのレース半襟。
両面使いの着物生地兵児帯を緑に椿の面で角だし風に。
モスグリーンのグラデーション帯揚げとオフホワイトの帯締め。
花モチーフのチャームの根付け。
ライトグレーのレース羽織、茶色のレースバッグ。
image

上旬→
細胞柄(鹿の子柄か?)のコットンはぎれ半襟をつけて。
赤地にふくら雀の群れの絽八寸。赤の絽の帯揚げと夏帯締め。
黒紺のレース羽織にマスタードの羽織紐。
赤の竹籠バッグ。
母と、彼女の水着を買いに出かけた日。
image

←中旬
アイボリーのレース半襟をつけて。
両面使いの着物生地兵児帯をベージュ地の花柄縮緬の面で角だし風に。
赤の絽の帯揚げとローズピンクの三分紐&パール調玉飾り。赤の竹籠バッグ。
着せ付けの練習日。
image
中旬→
細胞柄のコットンはぎれ半襟、赤の絽の帯揚げと夏帯締め。
帯は古渡更紗亀甲の木綿かがり帯。
赤の藁籠バッグ。
隣町でウィンドーショッピング。
image

←下旬
アイボリーのレース半襟をつけて。
ちょっとキラキラみのある兵児帯の茶とベージュ2本を両方使って茶メインにパタパタ。
黄土色の夏帯締め。茶のレースバッグ。
この兵児帯は数年前の売れ残りだったようで1本¥2,000のお買い得品。
image
上旬→
モノトーンぽい綿レース着物に黒地に白水玉コットンはぎれ半襟。
両面使いの着物生地兵児帯の黒の紬の面で角だし風。
水色の絽の帯揚げと水色の二分紐&てふてふ帯留め。
黒紺レース羽織にターコイズの羽織紐。
黒のモチーフ飾りの籠編みバッグ。
隣町で映画鑑賞。
image←下旬
アイボリーのレース半襟をつけて。
茶系のグラデーション麻八寸を銀座結び。
黄土色の絽の帯揚げと黒の三分紐&てふてふ帯留め。
レース足袋靴下と山吹色の草履。
オフホワイトのレースバッグ。
映画の後、夫といつものカジュアルフレンチで娘の誕生日祝い。
image


中旬→
紺地の阿波しじらに黒地に金魚の刺繍の絽半襟をつけて。
白地の博多織八寸に薄灰の絽の帯揚げとモノトーンストライプ三分紐&黒猫帯留め。
黒のモチーフ飾りの籠編みバッグ。
image

←中旬
紺地に木の葉柄のコットンはぎれ半襟をつけて。
海の生き物柄のペルシャ更紗開き名古屋帯を銀座結び。
波頭柄のはぎれ帯揚げ、赤の三分紐、茶色のレースバッグ。
この帯の柄が変わっていてとてもお気に入り。
image


中旬→
ライトグレーのレース半襟をつけて。
キラキラベージュの兵児帯をパタパタ。
花柄のプリーツスカーフ帯揚げと白の細ベルト。
オフホワイトのレースバッグ。
近所のヴィレヴァンへ。
image←下旬
アイボリーのレース半襟をつけて。
金魚の木綿半幅をパタパタ。
赤い椰子の木柄の綿ストール帯揚げとモノトーンストライプ三分紐&金魚の帯留め。
亜麻草履とナチュラルな竹籠バッグ。
着せ付けの練習日。自装の方が浴衣と半幅帯ということで、半幅をチョイス。
image

中旬→
初めてザ・浴衣を襟付きで。
紫陽花の浴衣に第七劇場のオリジナル手拭いを半襟にして。
茶系のグラデーション麻八寸を銀座結び。黄土色の絽の帯揚げとターコイズの三分紐。
茶色のレースバッグ。オーロラのベージュの日傘。
近所のギャラリーの展示会へ。
image
←下旬
絞りの浴衣に麻の葉と猫の手ぬぐいを半襟にして。
両面紬の半幅を赤の大島面でパタパタ。
白地インド綿の刺繍ストール帯揚げ、ローズピンクの二分紐&金魚の帯留め+玉飾り。
赤い鼻緒の桐下駄。ナチュラルな竹籠バッグ。
両親を連れて食事に。
image
下旬→
ブルーグレー地に芝草と桜などの絽にライトグレーのレース半襟。
紺地に花菱亀甲の絽綴れ名古屋帯を銀座結び。
水色の絽の帯揚げとローズピンクの二分紐&玉飾り。レース足袋靴下、オフホワイトのレースバッグ。

最終週からレース足袋靴下を解禁。
お襦袢は麻か綿。
半襦袢にユニクロのエアリズムステテコ(メンズ)の日もある。
エアリズムのステテコは素材感が大変快適なので是非ともレディースも展開してほしい。

5月の記録。同じ着物ごとに。
image←中旬
赤黒市松のシャリシャリ紬に波紋はぎれ半襟。
白地に元気色柄の木綿かがり帯。
帯の柄色から拾った水色で縮緬帯揚げとターコイズ帯締め。
ライトグレーのレース羽織にクリスタルの羽織紐。
オフホワイトのレースバッグ。
チューリップ畑に花を愛でにドライブ。

image中旬→
同じ紬にライトグレーのレース半襟。
黒地にカラフルな薔薇の名古屋帯。
赤の三分紐とオフホワイトの縮緬はぎれ帯揚げ。
ライトグレーのレース羽織にマスタードの羽織紐。
赤の竹籠バッグ。

街中に薔薇が綺麗に咲いてる季節なので、つい薔薇を纏いたくなる。
image←中旬
淡い淡いグリーンに流水紋の単衣紬に赤の縞コットン半襟。
紺地に草花の型染め紬の名古屋帯。
モスグリーン暈し帯揚げと、モスグリーン帯締め。
黒紺のレース羽織にクリスタルの羽織紐。
赤の竹籠バッグ。
着付け(他装)の練習のあと、夜は映画に。
image

中旬→
先の同じ単衣紬コーデからちょうど一週間後。
オレンジの更紗柄コットン半襟、黄色の博多織八寸にオレンジの三分紐。
帯揚げはモスグリーン暈し。
黒紺レース羽織にターコイズ羽織紐。
オレンジとオフホワイトのアジアンテイストなバッグ。
この日も夜は映画に。
image
←下旬
この日はブルー系の小物で。
半襟は色違いのコットン。
ターコイズ帯締めと同色の縮緬帯揚げ。
黒紺レース羽織に黒紫の羽織紐。
オフホワイトのレースバッグ。

写真で見るほど実際は水色の色味も浮いてはいない。
image
下旬→
完全に自宅引きこもりの日。美容襟を使ってみた。
鬼太郎のちゃんちゃんこ縞デザインの手ぬぐいを半襟に。
両面使える兵児帯の黒の大島紬面メインで反対面も見せつつパタパタ。
胴前を裏返して絞りのグラデーションを見せてお帯揚げがわりに。モスグリーンとマスタードの2色帯締め。
image
←中旬
パステルカラフルな白大島にライトグレーのレース半襟。
白地の博多織八寸に紫の縮緬はぎれ帯揚げ、紫系2色遣いの帯締め。
黒紺レース羽織に黒紫羽織紐。
オフホワイトのレースバッグ。

image
下旬→
気温がぐっと上がった日。
紺地に細縞の阿波しじらにモノトーンのレース半襟。
古渡更紗亀甲の木綿かがり帯、グレーの帯揚げ、モノトーンストライプ三分紐。
赤の竹籠バッグ。扇子もレース。

しじらの下に麻のお襦袢だととても快適。
image
←下旬
同じしじらにモノトーン市松のコットン半襟。
白地の博多織八寸にグレーの帯揚げとモノトーンストライプ三分紐&貝の薄茶猫帯留め。
黒紺レース羽織に黒茶羽織紐。
オフホワイトのレースバッグ。


image
下旬→
同じしじらをライトグレーのレース半襟で。
両面使える兵児帯の絞りグラデーションで角だし風。
3色帯締め、ポピー柄スカーフ帯揚げ。黒紺レース羽織にピンク系羽織紐。赤の竹籠バッグ。
甥っ子が怪我をしたので急遽病院へお見舞いに。
この絞りグラデーション兵児帯は締め方によって胴前の色が変わるのでなかなか有能。
image
←下旬
同じしじらに白地に枝みたいな柄のコットン半襟。
黄色の博多織八寸に緑や黄色の花柄プリーツスカーフを帯揚げに。モスグリーンの三分紐&鳥獣戯画のコケてる兎さん帯留め。
黒紺レース羽織にマスタードの羽織紐。
帯の色と似た黄色のスケルトンストローバッグ。


上旬は旅行中だったこともあり今月はこれだけ。
暑くなってくると着物着用率が落ちる気がしてきたけど、今のところは着てしまえばさほど暑くはない。むしろ薄羽織が楽しめる良い季節。
と言っても、下旬から既に単衣やしじらを着てるのでうるさがたには不評かな?
暑けりゃ洋服でも半袖を着るんだから、和服も同じ要領で心地良く。

『何者』という映画を観たときに、「ほほう就活ってそうなのか」とか、webテスト?とかがあってなんかそれの対策もするんだとかって、知りました。
でも詳しいことは全く知りません。

『就職活動』それは、私も夫も、我々の兄弟姉妹夫婦も皆就活経験がなく、全く知らない世界なのです。

そうは言っても子どもたちがそろそろそんな活動をするらしく、何のアドバイスもできぬまま見守っています。
出掛ける直前にスーツ用の靴が壊れたと聞けば「じゃあ仕方ないからスニーカーで行けば?」と言ったりしています。
「え?スーツにスニーカーなんて・・・」と返されましたが、ビジネスマンだってスニーカーで通勤してない?
ダメなの?どうしようもないじゃんと思うんだけど。

とにかく、早い子はもう決まってるみたいですが、学生さんたちが社会に出る前に心折れてしまうようなことなく、学生生活もしっかり終えて、羽ばたけますように。祈ります。

このページのトップヘ