うめlog

4月の着物記録。
image←4月上旬。
風車柄ウールに紫の花の柄の半襟。
白地に麻の葉柄のかがり帯、オフホワイトの縮緬はぎれ帯揚げ。
3色帯締め。紫の羽織にピンク系の羽織紐。
白っぽいレースバッグ。
草履は新品を履きならすために、しばらくアイボリーのカレンブロッソ。
image
上旬→
赤黒市松のシャリシャリ紬に菊唐草柄はぎれ半襟&帯揚げ。白地に麻の葉柄のかがり帯、3色帯締め。
茶屋辻羽織に黒紫羽織紐。白系のレースバッグ。

この茶屋辻柄の羽織、着付けの大先生に「いい柄の羽織ね。とてもいいわよ。でもあなたには地味ね。まぁ、ながく着られるってことで良しだわね。」と言われた。
image
←上旬
赤黒市松のシャリシャリ紬にブルーグレーのはぎれ半襟。両面紬の半幅を緑面メインにパタパタ。
白地に波紋のはぎれ帯揚げと3色帯締め。
グレー地に花柄の絵皿がみっちりの羽織にピンク系の羽織紐。
かくれんぼ猫のがま口バッグを連れて尾道の『ねこまみれ展』へ。
image
中旬→
赤黒市松のシャリシャリ紬に白地にオレンジの松柄はぎれ半襟。
レトロな昼夜帯を鳳凰の面でお太鼓に。
オフホワイトの縮緬はぎれ帯揚げとオレンジの三分紐。
ライトグレーのレース羽織にクリスタルの羽織紐。
赤い籠バッグ。
近所の映画館で映画鑑賞。
image
←上旬
モノトーン小花小紋に波紋のはぎれ半襟。
黒地に横段のキャンパス地名古屋帯、薄紫帯揚げ、黒三分紐。
紫羽織に黒紫羽織紐。黒のがま口バッグ。
映画を観た後、お誕生月なので、いつものカジュアルフレンチでバースデーディナー。
image
上旬→
モノトーン幾何学柄大島にグレーの市松地鳥獣戯画半襟。
臙脂の渦巻き袋帯、薄紫帯揚げ、黒三分紐。
茶屋辻羽織に黒紫羽織紐。黒のがま口バッグ。

隣町で映画鑑賞。『キングコング』にちなんで半襟を動物柄に。
image
←中旬
モノトーン幾何学柄大島にブルー系の更紗柄はぎれ半襟。
白地の博多織八寸にオフホワイトの縮緬はぎれ帯揚げ、水色に白水玉の三分紐。
茶屋辻羽織に黒紫羽織紐。赤い籠バッグ。

篠山紀信展へ。
image
上旬→
デニム着物にオフホワイトとブルーの菊柄はぎれ半襟。
青地にスタンプアートのような名古屋帯、オフホワイトの縮緬はぎれ帯揚げ、赤の三分紐。
紫羽織にピンク系の羽織紐。白っぽいレースバッグ。

着せ付けの練習日。先生方がこのデニム着物に興味津々だった。
image
←下旬
デニム着物に猫と麻の葉柄の手ぬぐい半襟。
赤い博多帯、オレンジ帯揚げ、赤三分紐に鼈甲の竹帯留め。
白っぽいレースバッグ。

最高気温25℃超えで、暑かったのでこの日はお襦袢も綿麻。
image
中旬→
草花が描きこまれたライラックのような花尽くし小紋に波紋はぎれ半襟。
黄緑地にデコな唐花の織り名古屋帯、グリーン暈し帯揚げ、オフホワイト帯締め。
ライトグレーのレース羽織にピンク系の羽織紐。
赤い籠バッグ。
ドライブがてら少し遠くの山や八幡さんへ。
image
←下旬
草花みっちり花尽くし小紋に波紋はぎれ半襟。
薄紫地に横段名古屋帯、薄紫帯揚げ、濃紫三分紐。
白っぽいレースバッグ。

中旬のコーデから帯まわりを紫にしてみた、という感じ。

image
中旬→
多色遣いダマスク小紋にオレンジの松柄はぎれ半襟。
レモン色の博多織八寸に同色の帯揚げ、オレンジの三分紐。
ライトグレーのレース羽織に茶黒の羽織紐。
茶色のレースバッグ。

隣町で映画鑑賞。
image
←中旬
よろけ縞柄単衣紬に猫と麻の葉柄手ぬぐい半襟。
両面紬の半幅を赤の大島面でリボンに。
少し折り返して裏面を見せ、似たような水色に水玉の三分紐。

こういうスタイルは自宅引きこもり時にもってこいなのだけど、このよろけ縞は油断すると太って見えるので柄の出方をよーく考えながら着付けないととても危険。
たとえ誰に会うでもない日でも、自分自身が滅入るような着付けはアウトだ。

image
中旬→
カラフルな白大島にアイボリーの膨れ織花柄半襟。
グレーの網紋名古屋帯、白とベビーピンクの帯揚げと帯締め。
紫羽織にピンクの羽織紐。白系のレースバッグ。

両親を連れて人形浄瑠璃鑑賞。
演目にちなんで狐面の根付けをつけてみた。
image
←下旬
赤いひび割れのような柄のウールにベージュに十字のコットン半襟。
白地に麻の葉柄のかがり帯、オフホワイトの縮緬はぎれ帯揚げ、3色帯締め。
茶屋辻羽織にクリスタルの羽織紐。白系レースバッグ。

着せ付けの練習日。

着せ付けの練習してもすぐに忘れちゃうから、自宅練習用にトルソー買っちゃったよね。着付けの資格とかが欲しいなんてことは全く考えていないのだけども。(ならば尚更、いったいどこへむかうのか・・・)

GWの旅行についての簡単な忘備録。
imageヨーロッパへはフランスのシャルルドゴールで入出し、イージージェットでイタリア入出
電車やバスでイタリア内の移動。宿泊はパリ、ナポリ、フィレンツェ、ミラノに1~2泊ずつ
日本を出国してシャルルドゴールで降り、オルリーからナポリに入り、イタリアをやや南からフィレンツェ、ミラノと北方面へ向かい、マルペンサからシャルルドゴールへ戻り、帰国。という流れ。
imageイージージェットはオレンジと白のなんだか見たことあるような色合いでした。
1~2時間のフライトだし、遅延や欠航があってもいいやと言うなら特に問題ないと思ってます。
image

電車でソレントまで出て、そこからSITA SUDのバスでポジターノ、アマルフィへ。
かなりお客さんも並んでいて、道中も道が混んでいるせいか最早時刻表なんて無いも同然だな、という印象。まあ、バスに限らず遅れるのは普通のことと聞いてはいるが。
image
個人的にはアマルフィよりポジターノの方が好きだった。
imageただ、アマルフィにこんな人魚だか女神だかのおっぱいから水が吹いている噴水があるとは知らず、行ってみて知ることがあるってやっぱり旅の醍醐味。
マイペットボトルにここから水を汲んでるひともわりといて、飲めるの??という疑問もぬぐえないのだった。
image
ナポリに泊まっている間にフェリーでカプリに渡りました。
←これはフェリーからナポリの街を見たところ。
青の洞窟は残念ながら閉鎖で入ることは出来ず。
もともとシーズンではないので仕方ないけど、朝イチはオープンしてたので悔しい。
image
でもケーブルで丘の上にあがってみたら絶景でびっくり。
スキーのリフトのようなものに10分ほど乗って行くのだけど、天気も風も気持ちよく、こんなパノラマを眺められた。→
ケーブルは片道チケットも売っていたので、歩いて降りる道もあるのだろうと思われる。
image
さてナポリと言えばナポリピッツア。抑えるべきお店のを3軒ほど、主に当然マルゲリータDOCを。
日本にも店舗進出してるそうな、ミケーレにも行きましたが、画像は別のお店です。
image
スイーツも外せない、ということでスフォリアテッラとババ
これもいくつか食べました。
パリパリの皮にふんわりレモン風味の甘すぎないクリームが絶妙なスフォリアテッラ、とても好き。お酒がしっかりしっかり滲みているババも美味しい。
image
←ナポリ国立考古学博物館も。
ポンペイのモザイク画やファルネーゼのヘラクレス、雄牛。
そして秘密の小部屋なる展示も面白い。
ナポリの地下鉄は噂で聞いてたアートな駅もあり、楽しかった。
でも結構落書きもされてたりした・・・。
image
卵城では近所の小学生らしき団体がお勉強に来ていて、ほとんど引率の先生のような状態になり。
まあ、観光地は割とどこも小中学生の団体と一緒になることが少なくなく、そんなこととも結構面白かったりする。
社会見学的なものですかね。

そういえばバチカンでサンピエトロ大聖堂のクーポラにあがったときも中学生くらいの団体と一緒になりやたら酸素が薄くなった気がしたな。前回のイタリア旅の記事読み返したら全く記事にしていない。我ながら呆れるね。
image
クーポラと言えば、フィレンツェでお借りしたアパートのお部屋が大聖堂の近くで、窓からクーポラが見えた。
ここのオーナーさんも大変感じのいい方で、「エレベーターがないので疲れるよね、ごめんね」とか言っていた。(笑)
確かに老体にはきつかったが便利な場所だし、全く問題ない。
大聖堂やミケランジェロの丘からの夕暮れなどの画像は割愛。
たしかに美しかった。
この街が好きだという女性が多いのも理解できる。
image
フィレンツェで強烈に記憶に残ったのはウフィツィ美術館で観たボッティチェリの春(プリマヴェーラ)
ヴィーナス誕生や受胎告知をはじめ、他にも数々の重要かつ素晴らしい作品がある中で、それでもこれは私にとても特別強烈な印象を残した。
音声ガイドをレンタルしたのも良かった。
image
ちなみに電車などで割と普通に犬を連れてる人もいて、今回は電車でわんこ連れのおねいさんと相席になった。
わんこも女の子。
とてもお行儀よく、ひとことも吠えず。おねいさんがお手洗いに立ってもじっとトイレのドアを見つめながら待っていた。
おねいさんがおやつを食べてる時もじっと見つめるだけで我儘は言わない。
撫でさせてもらっても、尻尾を振って喜んでくれる。
ほんとうに立派な飼い主と犬の関係。見習わなければだが、まあ無理だ。
image

ミラノではまず、町のはずれにあるプラダ財団へ。
映画監督ウェス・アンダーソンがデザインしたという可愛いカフェ『BAR LUCE』に行ってみたかったので。
そりゃま可愛いわな。雑誌で見たまんまだが案外狭いのねっていう印象。ピンクケーキも食べちゃった。これが意外と美味しかった。
プラダ財団はドゥオーモ広場横のガレリア内にも新施設をオープンしたけれど、滞在中はそちらでのアート系の展示などはなかったようで。
imageで、そもそもミラノはこれ、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を観たい!ということで出かけたわけで。
「いろんな資料で見る方が色合いなどがはっきりしていて見やすいんだね」などと思ったり。
「それにしても修道院の食堂に(最後の)晩餐の絵ってしゃれてるよねー」とか、「ドアつけるからイエスの足が消えちゃうとかちょっと間抜けね」などと。ごめんなさい。
これは事前にチケットを予約していかないと、ポッと出かけてもとうていすんなりは入れないようで、この日も予約チケットを受け取りにチケットセンターへ行ったら「今日のチケットはないんだって。明日も、明後日も。2週間先まで売り切れてるんだってさ」と嘆いている観光客がいた。
予約時間になると入場して、15分経ったら次の人たちと交代。一度に入場できるのは30人くらいと決まってるようで。
ちなみに我々も事前に自力で予約チケットを取ろうとしたけどすぐに売り切れ表示になってしまい、現地の代行業者さんにお願いして取っていただいたのだ。(後述)
image
ミラノで美味しかったのはミラノ風カツレツ(薄くのばしたのじゃなくて、厚い仔牛肉のほう)とオッソブーコ
この、オッソブーコ、画像は骨の穴がわかるように食べ進めたのちの若干汚いものになるが、この穴の骨の髄が超美味しいので、重要。
image骨まわりの肉もトロトロになっていて、髄も一緒にリゾットとまぜまぜしていただいたのだが、美味しくておかわりしたくなった。(このオッソブーコは『リストランテ ピッツェリア SABATINI』のものです)

フィレンツェのもつ煮込み、トリッパやランプレドットも紹介されていた屋台のをいただいたらめちゃ美味しかったが、個人的にはこのオッソブーコが一番好きだった。
image


おしりにかかとをあてて3回転すると再びミラノに来られるとか幸せになれるとかいう、ガレリアの牛くん、ものすっごいおしりになってしまってますやん・・・。
大きめ画像にしてみたけれど、わかるかな・・・。
みんななんとなく順番にくるくる、くるくる、回ってた。
なかでもまだ歩けない赤ちゃんがパパに抱かれてくるくるしてたのがやたら可愛かったな。
充分幸せだし、ミラノにどうしてもまた行きたいってわけではないけど、一応私もやった。
ごめんよ、牛くん・・・。
imageそしてパリに寄った際、行ってみたかった『カタコンベ・ド・パリ』へ。
墓から掘り起こされた600万個もの遺骨が納められている地下墓地。
10:30頃についたときは既に当日券のラインは長蛇の列で、入場まで小雨の中2時間ほど並んだ。超人気スポットじゃん!
image


公開されているのは2㎞弱くらいかな?という体感。
あまりにすごすぎて実感しづらいというのは多くの美術品を目の前にした時と同じ。
ここは墓地といっても観光地としてうっているからか、ちびっ子たちもきゃっきゃしていて家族で遊びに来てるって感じの人が多かった。
ただし、待っている間のトイレ問題が発生するので、注意。
私も近くのカフェでお手洗いを借りて、コーヒーを1杯テイクアウトした。
優しい店員さんで、膀胱パンパンでピンチだった私に「いいんだよ。何か買ってくれるなら問題じゃない。楽しんでね』などと爽やか笑顔をくれたのだった。
買ったコーヒーは飲まずに捨てたけども。

あとは6区のラ・パリジェンヌのバゲットをかじりながら散歩しつつノートルダムに行ったり、最終日だったのでメールのゴーフルをお持ち帰りして、今も冷凍庫に少し残っている。ちまちまと愉しむのだ。
つまり、お気に入りのものはやっぱり美味しいし美しい。

『最後の晩餐』の予約チケットの購入を代行してもらったり、リストランテやスイーツ、宿泊施設の情報などを参考にさせていただいたのは前回も今回もアーモイタリアさん。

チラチラとお出かけした時のことを少し。
image映画の記事でもとりあげたこちら『この世界の片隅に』、やはりすごいことになりましたね。
で、このすずさんたちが暮らしていた呉に、ちらりと出かけました。
貴重な映像資料も含めて必見の大和ミュージアムと、潜水艦の中が見られる海上自衛隊呉史料館(鉄のくじら館)。
時間があれば街を歩いてみてもいいでしょうね。

image鉄のくじら館では実際に使われていた潜水艦を運んできて塗装して、内部を公開しています。
展示は潜水艦と機雷や掃海艇について充実した内容で、興味深く見られます。
楽しくもあり、勉強にもなる、親子連れにももってこいのスポットですね。

image1年半前に観たデヴィッド・ボウイ大回顧展のドキュメンタリーはなかなか面白かったのですが、その展示が東京でもあるということで、出かけました。
たくさんの衣装は見ごたえがあり、音声案内が標準でついてくるのがとてもありがたかったです。
この星におちてきたとしか思えない、デヴィッド・ボウイという存在を堪能できました。
瞬きを忘れて目が乾きました。

image以前から、夫と行ってみようと思っていたどじょう料理も体験。
毎回浅草でいい匂いだなぁと横目で見ていました。
どじょうなんて食べたことなくて、興味津々だったのです。
べつにたいして泥臭くもなく、普通に、いやむしろとても美味しくて肩透かしでした。

image泊まったところが美味しい餃子のお店が立ち並ぶエリアだったので2食餃子。
アイラブ餃子。
滞在中は舞台を観たり、映画や展覧会に出掛けたりのエンタメ満喫。
3月の着物ライフまとめ(和装をたのしむ6)にもありますが、2日間は着物で過ごしました。楽しかったなー。

imageあ、そういえば。
毎年夫婦二人で満腹になるまでイチゴを食べる、いちご狩り。
今年も出かけましたよ。2月に。
美味しかったよぅ。だんだんとあまりたくさんは食べられなくなってきましたが、それでも30分で60個はいきました。(充分だろっ)

このページのトップヘ